サマースクール 2020

テーマ: システム思考とSDGs(持続可能な開発目標)

7月27日–8月1日 & 8月3日–8日

Let Curiosity Be Your Guide

新型コロナウィルスの感染拡大に世界が震撼し、アメリカでは黒人への人種差別に抗議するデモが全土に広がるなど、世界はまさに予想不可能な混迷の時代となっています。新型コロナウィルスの第2波、第3波が懸念される状況ではありますが、先の見えない時代だからこそ子どもたちが自ら考え学び続けるための手段を提供し、子どもたちの成長を支えたいと考え、今年もサマースクールを開催することを決定致しました。

今年のサマースクールでは、「学習する組織」や「学習する学校」の著者であるMITのピーター・センゲ教授が提唱するCompassionate Systems Frameworkという共感をベースにしたシステム思考をプログラムに導入し、生徒たちが現実の世界の問題を考える機会を多く提供すると共に、サステイナビリティについても学びます。各分野の専門家に加え、今年もミネルバ大学のインターンが参加し生徒の学びをサポートします。例年通り、白馬の大自然の中でのアウトドア活動も多く取り入れます。

 

今年は、政府の指針に従い参加者の皆様の安全を保障すべく、プログラムに以下のような変更を加えます。

 

  • 生徒は基本的に国内からの受け入れのみとします(海外在住でこの夏を日本で過ごすご予定の方は、サマースクール開始日までに日本で2週間の検疫期間をおいて頂いた場合は受け入れを致します)

  • 宿泊なしのプログラムのみとし、毎日朝9時から夕方6時までの通いのプログラムを6日間行いますので、遠方より参加される方は保護者の方もサマースクール開催期間中白馬でお過ごし頂きますようお願い致します

  • 感染リスクを避けるため、毎朝の検温、マスクの着用、可能な限り授業を屋外で開催、アウトドア活動はハイキングやSUPなど密にならないものを選択、ビュッフェスタイルの食事を避けるなど、様々な対策を講じます

 

今年は、学校の夏休みの時期が変更になったことなどを受け、当初の予定を変更して以下の2つの日程でサマースクール を開催します。ご家族のご都合に合わせてお選び下さい。

     Week 1:  7月27日ー8月1日

     Week 2:  8月3日ー8日

以下、プログラム詳細をご確認頂き、是非ご応募下さい。

 

対象年齢

12歳 ー 16歳

日程

Week 1:  7月27日(月)ー 8月1日(土)

Week 2:  8月3日(月)ー 8月8日(土)

場所

 

ノマド白馬

〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村北城3020-870

東京からのアクセス

 

> 新幹線と特急バス利用

東京駅から長野駅まで北陸新幹線でおよそ1時間半、長野駅から白馬まで特急バスでおよそ1時間

> JR 特急列車利用

中央本線特急あずさで新宿駅から白馬駅までおよそ4時間

> 高速バス利用

バスタ新宿から白馬八方バスターミナルまでおよそ5時間

参加費

118,000円 (期間中の教材費、アクティビティ費用、ランチ代、保険料など込み)

 

*白馬への交通費は含まれません。

指導言語

英語と日本語(必要に応じて日本語通訳のサポートが入ります)

プログラム

科学と持続可能性  講師:マーク・グリムショー

イギリス出身で日本在住のマーク先生は、白馬の大自然を愛する科学の専門家であり、イギリスと日本の両国で科学の素晴らしさと面白さを中高の教員として生徒に伝えてきた。アウトドア教育とアウトドア活動の国際資格の分野でも長年経験を重ね活躍している。ロッククライミング、スノーボード、スキューバダイビングをこよなく愛し、その情熱を科学の授業に結びつけることが趣味。サマースクールでは、持続可能性について科学的実験も含めて生徒と共に考える授業を担当する。

共感システム思考のフレームワーク 講師:福谷彰鴻

システム思考教育家。国立大学、私立中学・高校などでシステム思考のツールやアイデアを学校教育に導入するプログラムアドバイザーを務める。ボストンのSoL(組織学習協会)ノースアメリカにて、『学習する組織』、『学習する学校』著者でMIT上級講師ピーター・センゲの各種ワークショップの運営をサポート。大阪出身、東京在住。米国、英国、ドイツでの居住&勤務経験がある。サマースクールでは共感に基づくシステム思考を生徒に伝授する予定。

持続可能性 〜 社会起業家の視点から 講師:清水イアン

東京をベースに活動する環境アクティビストの清水イアン氏は、環境NGO 350.orgに勤務した後独立し、一般の人の環境問題への意識向上を目指して活動してきた。ラジオ司会や執筆活動、講演活動を行う傍、森林の保全と再生の世界的なムーブメントをつくることを目的にweMORIプロジェクトを設立。温暖化防止と生物多様性保全を目指し活動中。サマースクールでは、環境への想いと社会起業について生徒と対話する。

ミネルバ大学の生徒と学ぼう!

 

合格率が2%をきる世界最難関大学と言われるミネルバ大学。学生は、4年間で世界7都市を回り各都市で寮生活を共にしながら、授業は全てオンラインで受け、実践的な知を学び、各都市の地域社会に貢献する。この革新的な教育モデルは、志の高い優秀な若者を惹きつけ、ハーバードやスタンフォードを辞退してミネルバを選ぶ生徒もいるほど。今年もミネルバ大から教育に情熱を持つ選りすぐりの学生が参加。生徒に学ぶことの楽しさを様々なアクティビティを通じて伝える。

アウトドア活動  講師:成瀬野生

成瀬野生(なるせのぶ)氏は、白馬出身のクロスカントリースキー 選手、コーチ。2006年トリノ、2010年バンクーバー、2014年ソチと、日本代表として冬季五輪に3大会連続出場。現役引退後、白馬で選手育成、スポーツ振興に努めている。サマースクールでは、生徒に野外活動の楽しさ、健康促進の秘訣を伝授する予定。

その他の活動

オリエンテーリング

湖でのアクティビティ

ハイキング

注意事項(必ずお読み下さい)

お申し込み前に下記注意事項を必ずご確認下さい。

参加費

スクール参加費は、スクール参加期間中の昼食、教材費、アクティビティ参加費、保険加入費などの費用を含みます。

集合・解散

生徒は、プログラム開催期間中、毎朝午前9時までにノマド白馬にお越し下さい。プログラムは午後6時終了予定です。白馬村内に宿泊施設からノマド白馬への送迎が必要な場合、お申し込み時にお申し出下さい。

健康、体調管理

スクールでは、野外活動を取り入れています。お子様の健康状態に問題がないことを確認の上、体調管理に万全を期してご参加下さい。

コンピューターやその他のディバイス

リサーチやプレゼンテーション作成のためPCやその他のディバイスを持参することを推奨します。ゲームなどの持ち込みは禁止です。PCや携帯電話は、必要とされる時間以外は、スクールでお預かりし管理させて頂きます。

生徒による発表

スクール最終日の午後3時から5時まで、生徒による学習発表の機会を設けます。保護者やご家族の方々に参観頂けます。スクール参加者に後日詳細をお知らせします。前プログラムは午後6時に終了します。

宿泊施設について

保護者の方も白馬にご滞在頂く必要があるため、ご希望の方には地元の旅行業者をご紹介し宿泊施設をご案内致します。希望される方は、お申し込みの際にお申し出下さい。自炊可能な宿泊施設の例はこちらのサイトでご覧頂けます: https://resortjapan.co.jp/hakuba-summer-villa-rentals/

申し込み方法

参加希望者はお早めにお申し込み下さい。

1. 下記のリンクをクリックし、申し込みフォームに必要事項をご記入下さい。フォームご記入後、参加するお子様の最近の顔写真(携帯などで撮影したスナップ写真で結構です)をメールにてお送り下さい。

宛先: application@hakuba-is.jp 

2. スクール参加の可否を1週間以内にご連絡致します。 

3. 参加費を指定の銀行口座にお振り込み下さい。ご入金が確認できた時点で参加が確定します。お早めにお支払い下さい。

4. 参加条件をよくお読み頂き、ご理解の上、ご参加下さい。

申込書提出やご質問はメールにてお願いします。宛先:application@hakuba-is.jp

 

参加条件

参加希望者及びその保護者は、下記の参加条件をよくお読み頂きご承諾の上お申し込み下さい。  

行動規範について

 

生徒は、スクール期間中、講師やスタッフを含む全ての参加者に対し敬意を持って接し、参加者全員がともに学び合い高め合うことを目標として行動します。スクール責任者は、スクール期間中であっても、上記の目標にそぐわない行動をとる生徒に対し、スクール参加の中止及び帰宅を求めることができます。施設は大切に使用し、学びの場となる地域と自然に対し感謝と敬意の念を持って接しましょう。生徒はスクール会場をスクール責任者の許可なしに離れることはできません。ゲームの持ち込みは禁止です。携帯電話の使用は必要に応じて制限する場合があります。

キャンセルについて

スクール責任者は、スクール開始前に安全性に問題が生じた場合や参加者数が定数に満たなかった場合、スクール開催を中止する可能性があります。その際は、参加費を全額ご返金致します。健康上の理由などにより生徒が参加をキャンセルする場合、参加費から振込手数料を差し引いた額をご返金致します。  

プログラム内容について

天候やその他の理由により、予告なくプログラムの内容が変更される場合があります。

  • Facebook Clean Grey

Copyright © 2016 Hakuba International School Project. All rights reserved