Summer School 2020

Theme: Compassionate Systems Framework and SDGs

Let Curiosity Be Your Guide

Hakuba International School Foundation will welcome a small group of students to take part in a unique learning experience in the spectacular natural setting in the heart of the Japan Alps. With SDGs as our continued theme, we will incorporate the Compassionate Systems Framework developed by a world-renowned MIT Professor Peter Senge into our program this summer. 

With the ongoing challenges we face at a global scale, we felt very strongly that now is the time more than ever that we should help the younger generation learn the mindset and tools to rise to the challenge that we adults have never faced. We will be forthcoming in saying that we do not have all the answers, but we can teach the students tools to become independent thinkers and learners, and our expert teachers will cheer them on as the students discover their potential. Of course, we will make sure we give students lots of time outdoors as always. 

To ensure the safety of the participants and adhere to the government guidelines, we made a few changes to our program as follows: 

  • We will welcome students from within Japan (if you live overseas and plan to spend the summer in Japan, we accept students if their families have had a two-week quarantine period within Japan before the start of Summer School)

  • We will run the day program only, which means the students from outside of the area will be asked to come to Hakuba as a family and join the program from 9 am to 6 pm daily for 6 days (Please see the suggestions for the family accommodation packages below)

  • We will put in place appropriate measures to mitigate the health risks, such as taking a temperature of students each morning, wearing a mask when appropriate, taking the lessons outside whenever possible, choosing the outdoor activities which allow for distancing (hiking, standup paddle, etc.), avoiding buffet-style meals, incorporate extra cleaning of the venue and so on.

We have two sets of Summer Schools in 2020. Please choose the one that fits your family's schedule. 

     Week 1: July 27th - August 1st

     Week 2: August 3rd - 8th

We will start accepting applications soon. Please fill in the form below if you wish to receive further information:

 

白馬インターナショナルスクール設立準備財団は、2016年より短期プログラムを開催しています。

新型コロナウィルスの第2波、第3波が懸念される状況ではありますが、長野県が6月19日より県外からの観光客の受入を再開する指針を示したことを受け、今年のサマースクール開催を決定致しました。今までと同様SDGsにフォーカスすると同時に、「学習する組織」や「学習する学校」の著者であるMITのピーター・センゲ教授が提唱するCompassionate Systems Frameworkをプログラムに導入し、先の見えない時代だからこそ子どもたちが自ら考え学び続けるための手段を提供し、子どもたちの成長を支えたいと考えます。生徒たちが現実の世の中の問題を考える機会を多く提供し、サステイナビリティについても学びます。各分野の専門家に加え、今年もミネルバ大学のインターンが参加する予定です。例年通り、白馬の大自然の中でのアウトドア活動も多く取り入れます。

 

今年は、政府の指針に従い参加者の皆様の安全を保障すべく、プログラムに以下のような変更を加えます。

 

  • 生徒は基本的に国内からの受け入れのみとします(海外在住でこの夏を日本で過ごすご予定の方は、サマースクール開始日までに日本で2週間の検疫期間をおいて頂いた場合は受け入れを致します)

  • 宿泊なしのプログラムのみとし、毎日朝9時から夕方6時までの通いのプログラムを6日間行いますので、遠方より参加される方は保護者の方もサマースクール開催期間中白馬でお過ごし頂きますようお願い致します(ご希望の方には、ご家族でご利用頂ける宿泊施設のパッケージをご案内致します)

  • 感染リスクを避けるため、毎朝の検温、マスクの着用、可能な限り授業を屋外で開催、アウトドア活動はハイキングやSUPなど密にならないものを選択、ビュッフェスタイルの食事を避けるなど、様々な対策を講じます

 

今年は、学校の夏休みの時期が変更になったことなどを受け、当初の予定を変更して以下の2つの日程でサマースクール を開催します。ご家族のご都合に合わせてお選び下さい。

     Week 1:  7月27日ー8月1日

     Week 2:  8月1日ー8日

近日中に募集開始致します。​募集開始などの情報の受信を希望される方は、下記のリンクからリクエストフォームに必要事項をご記入下さい。

 
  • Facebook Clean Grey

Copyright © 2016 Hakuba International School Project. All rights reserved