News

Symposium on Eduction on Saturday May 13th, 2017

Foundation for Hakuba International School and Hyakubariki are co-hosting the symposium to discuss the potential of education in Hakuba.  Please join us!  

Date/Time:   Saturday May 13th from 13:00 - 15:30

Venue:         Hakuba Wing 21 Hall

                    2066 Hokum, Hakuba-mura, Kitaazumi-gun, Nagano-ken

一般財団法人 白馬インターナショナルスクール設立準備財団は、百馬力と共同主催により

「白馬の教育の可能性を考えるシンポジウム」を開催いたします。

類稀な山岳環境や自然景観に恵まれ、国内外から多くの観光客が訪れる白馬村も、少子高齢化そして人口減少に直面しています。

子どもたちこそが我々の未来であり、その子どもたちを育む教育こそが地方創生の鍵ではないでしょうか。

日本の教育は「詰め込み」や「学力偏重」と批判をされますが、これほど全国民に高いレベルの教育を施している国は世界中見ても少ないでしょう。


圧倒的な大自然を誇る白馬から、日本の教育の良さを生かしつつ、更に子どもの多種多様な可能性を引き出す要素を取り入れた新たな教育モデルの構築を提案したい。そうした想いでこのシンポジウムを企画しました。

基調講演に今治からチャレンジを続ける当財団名誉顧問で元サッカー日本代表監督の岡田武史さんをお迎えし、パネルディスカッションに国際バカロレア日本大使の坪谷ニュウエル郁子さん、そして前長野県教育長で文科省初等中等教育局財務課長の伊藤学司さんをお迎えし、教育をテーマに様々な角度から語って頂きます。

今後の日本への想いや世界の教育の動向を登壇者の方々からお聴きしながら、白馬そして日本における教育の可能性を一緒に考えませんか?

日時: 2017年5月13日(土)13時〜

場所: 白馬村ウィング21文化ホール

    長野県北安曇郡白馬村大字北城2066番地

後援: 長野県教育委員会、白馬村、白馬村教育委員会​

  • Facebook Clean Grey

Copyright © 2016 Hakuba International School Project. All rights reserved